格安スマホのデメリットとは?デメリットを解決する方法・メリットも解説

格安スマホは、料金が安いというメリットが知られています。その一方で、「通信速度が遅い」「機能が不十分」「充実したサポートが受けられない」などのデメリットが、強調されることも少なくありません。

しかし、一般的にデメリットといわれていることの多くは、適切な対処法で解決できます。この記事では、格安スマホのデメリットと、その対処法も詳しく解説します。格安スマホに不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

格安スマホとは?

格安スマホは、安い金額で使えるスマホの呼称です。実際には、端末そのものを指す言葉ではなく、通信サービスとセットで提供される格安SIMを指して、格安スマホと呼んでいます。

格安スマホは、大手通信キャリアが、直接サービスを提供しているわけではありません。MVNOと呼ばれる事業者が、大手通信キャリアから通信網を借り、格安スマホ独自のサービスを提供しています。

MVNOとは

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」の略語で、日本語では「仮想移動体通信事業者」です。MVNOに対して、大手通信キャリアは「MNO(Mobile Network Operator)」と呼ばれ、各社独自の通信設備を所有しています。

一方で、MVNO事業者は、通信設備を持っていません。独自の設備は持たず、大手通信キャリアの設備や回線を借りて、通信サービスを提供していることが特徴です。

格安SIMとは

SIMとは「Subscriber Identity Module」の略で、SIMカードは、スマホに差し込むICカードを指します。契約者を識別するための回線情報が入っているため、SIMカードなしでは通信ができません。

MVNO事業者が取り扱うSIMカードが、いわゆる格安SIMです。格安SIMでも、大手通信キャリアが提供するサービスと同様に、通話やインターネット通信を利用できます。

格安スマホはなぜ安い?

格安スマホは、どのような理由で安くなっているのか、その仕組みについて詳しく解説します。

通信回線をレンタルしている

MVNO事業者は、大手通信キャリアの回線を借りており、通信設備に初期投資費用や維持費用がかからないことが、料金を安くできる理由のひとつです。また、キャリアから借りている回線をどう使うかはMVNO事業者に任されています。多くのMVNO事業者では、1GBや3GBなど、利用者の状況に応じたプランを用意することで、格安な料金プランを実現しています。

販売コストを抑えている

MVNO事業者の多くは、実店舗を設けていません。家賃などの維持費をかけずに販売しているため、コストを抑えることができます。イオンモバイルは実店舗がありますが、自社のショッピングモール内で展開しています。そのため、格安スマホながら、大手通信キャリアのように直接サポートを受けられるメリットがあります。

格安スマホのメリット

格安スマホのメリットは、料金の安さだけではありません。そのほかのメリットについて、詳しく解説します。

料金が安い

大手通信キャリアの月額料金は、少なくとも6,000円程度、高ければ1万円以上になることも珍しくありません。格安スマホは、1,000円台から契約できるところもあります。イオンモバイルで最安の音声プランは月額980円、音声4GBプランでも月額1,580円です。データプランは、月額480円からあります。

契約期間の縛りがゆるい

大手通信キャリアでスマホを契約すると、一定期間の契約を約束する「縛り」があります。2年契約が一般的ですが、ほとんどの格安スマホには縛りがありません。あったとしても、期間が短いことが特徴です。イオンモバイルの場合は、契約期間の設定がなく、解約料もかからないというメリットがあります。

プランやオプションの選択肢が多い

MVNO事業者は、回線使用の自由度が高いため、通話やデータの使用量に応じて、細かい料金設定が可能です。オプションが豊富に展開され、幅広い選択肢があることもメリットといえます。

 イオンモバイルには40種類以上の料金プランがあります。保証やサポートに関するオプションも充実しているため、ユーザーの利用状況や、ニーズにあわせて選べます。

テザリングができる

外出先でパソコンを使用したいときに必要なのが、スマホ経由でインターネットに接続できるテザリングです。大手通信キャリアの場合は、テザリングが有料のケースもありますが、格安スマホでは、追加料金なしでテザリングが利用できます。ただし、一部非対応の端末もあるため、テザリングを利用したいときは確認が必要です。

格安スマホのデメリットと対処法

格安スマホには、デメリットといわれている点もあります。しかし、デメリットにも対処法があります。便利に使うためにも、対処法を把握しておくことが大切です。

通信速度が遅くなる

格安スマホは、大手通信キャリアの回線を借りて提供されているため、決まった範囲の回線しか使えません。そのため、契約者数が増えると、混雑する可能性が高くなります。特に休み時間にあたる昼の12時台や、夜などは利用する人が多く、通信速度が落ちる場合があります。

ただしメールやLINEは、最低0.1Mbpsの速度があれば、快適な利用が可能です。Webは2Mbps、動画は低画質で0.5Mbps、高画質でも2~3Mpbsあれば視聴できます。そのため、数値のうえで通信速度が遅くなったとしても、実際にスマホを使用する際には、ほとんど問題はありません。

初期設定をしなければならない

大手通信キャリアの場合は、購入時に店舗で初期設定が済んだ端末を受け取り、すぐに使えます。しかし格安スマホは、自分でSIMカードを入れて、接続情報を設定しなければなりません。

ただし、実店舗があるところで契約するか、ネット契約でも初期設定済みのものを選ぶことで、初期設定の作業を回避できます。イオンモバイルは、全国で200以上の実店舗を展開しており、端末も初期設定済みのものを提供しています。

キャリアメールがなくなる

格安スマホには、無料で提供される、専用のメールアドレスがありません。大手通信キャリアのメールアドレスを、頻繁に使用していた人にとっては、馴染んだメールアドレスが使えないことがデメリットです。

キャリアから提供されるメールアドレスにこだわらなければ、Gmailなど無料のWebメールサービスを使えば問題ないでしょう。用途が連絡手段だけであれば、LINEやFacebookのメッセンジャー機能でも対応できます。

通話料金が高くなる

格安スマホには、大手通信キャリアが展開している「かけ放題プラン」や「家族割」などがありません。しかし格安スマホにも、5分以内または10分以内を対象とする、かけ放題のプランがあるため、通話料に応じて、より安く利用できます。

また、無料で提供されている、通話料を半額にできる専用アプリの利用も、料金を安くする方法のひとつです。そのほか、LINEなどの無料通話アプリの活用で、通話料金を抑えられます。

アフターサービスが不十分

MVNO事業者の多くは実店舗を持たず、提供する格安スマホは、オンラインで簡単に契約できるのがメリットです。ただし、実店舗がないことで、端末の故障やトラブルに直接対応ができず、アフターサービスが不十分な業者もあります。

アフターサービスに関するデメリットでは、先述の「初期設定」と同様に、実店舗のある業者を選ぶことで解決できます。特にイオンの店舗内にあるイオンモバイルは、利便性が高い格安スマホのひとつです。

LINEのID検索ができない

LINEで友だち追加をする方法のひとつに、「ID検索」がありますが、ID検索を行うためには、キャリアでの年齢認証が必要です。大手通信キャリアの場合は、LINEとシステムの連携を行っています。しかしMVNO事業者は、一部を除いて連携しておらず、ID検索は使えません。

ただし、メールで招待する方法や、QRコードで読み取りする方法など、友だち追加できる方法はあります。なお、以前使われていた「ふるふる検索」は、2020年5月にサービスを終了しています。

端末の種類が少ない

格安スマホは、大手通信キャリアに比べて、端末の種類が少ないことも、デメリットのひとつです。端末にこだわりがある人にとっては、好みのメーカーやブランドのものが使えない場合もあります。最低限の機能を備えていれば十分という人には、それほどデメリットにならないでしょう。

格安スマホを契約する際の注意点

格安スマホを利用する際は、ほかにも気をつけておくべき注意点があります。契約後に後悔することがないよう、確認しておくことが大事です。

キャリア決済を利用できない

大手通信キャリアには、有料アプリや音楽、ゲームなどをダウンロードした際、毎月の料金と一緒に支払うキャリア決済があります。しかし、格安スマホは一部を除いて、このキャリア決済が利用できません。

支払いの選択肢が、キャリア決済のみのコンテンツもありますが、クレジットカード決済が利用できるものも増えています。契約する際は、利用したいコンテンツの決済方法をチェックしておきましょう。

クレジットカード決済しかできない

クレジットカードを所有していない場合、スマホの契約自体できない業者も少なくありません。MVNO事業者にとってクレジットカード決済は、コストをかけず、確実に料金を徴収できる方法です。クレジットカードがない場合は、デメリットといえます。

ただし、銀行口座振り替えや、デビットカードに対応していることで、契約が可能なケースもあります。

まとめ

格安スマホは、料金が安い、オプションの選択肢が多い、契約の縛りがゆるいなど、さまざまなメリットがあります。一方で、速度が遅くなることがあったり、初期設定を自分でしなければならなかったりなど、デメリットも少なくありません。しかし、使い方でデメリットの影響を小さくすることができます。

イオンモバイルは、低価格で40種類以上の料金プランを展開し、初期設定済みの端末も提供しています。イオンのショッピングモール内に実店舗を出店しているため、サポート体制も整っています。まずはこちらで詳細をご覧ください。

新規お申し込みはこちらから

 

※特別に記載のある場合を除き、ページ内の金額は全て税抜です。
※当ページの内容は2020年10月時点の情報です。

おすすめ記事

PAGE TOP