APN設定を行う方法とは?Android・iPhoneそれぞれの手順を紹介

大手キャリアの携帯電話ではなく、MVNOを利用するときは、新たにAPNを設定する必要があります。スマートフォンの操作が苦手で、APNの設定方法がわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、APNの設定方法がわからない人に向けて、APNを設定するときの準備や手順について解説します。Android、iPhoneのそれぞれの手順を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

APNとは

APNは「Access Point Name」の略で、「アクセスポイント名」のことです。スマートフォンからインターネットに接続するためには、アクセスポイントと呼ばれる中継地点を経由する必要があります。アクセスポイントは各事業者が用意しており、ユーザーは契約している事業者のアクセスポイントを利用することになります。

 

APN設定が必要なケース

auやドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアで購入したスマートフォンは、APNを設定する必要がありません。なぜかというと、大手キャリアの場合はSIMカードごとに割り振られる固有の事業者番号(IMSI)で本来の事業者が認識できるためです。

 

一方、MVNOでは、APNを事前に設定しておかないとSIMが大手キャリアのものと認識されてしまい、ネットワークエラーになります。

 

例えば、ドコモ回線を使うSIMの場合、IMSIはドコモになっています。SIMの情報を読み取った端末はドコモのサーバーを使おうとしますが、ドコモ側から拒否されるのでエラーとなるのです。APNを設定することで、ネットワーク上で利用する事業者を指定でき、正常にインターネットが利用できるようになります。

 

APN設定が必要になるのは、MVNOを利用し、なおかつSIMとスマートフォンを初めて組み合わせるときだと考えておきましょう。大手キャリアで使っていたスマートフォンに格安SIMを装着するときや、あるMVNOで購入したスマートフォンに他のMVNOのSIMを装着するときなどはAPN設定が必要です。

 

APN設定を行う前の準備

APNのパスワードやユーザー名など、APNを設定するときに必要な情報を確認します。MVNOから受け取った資料やサポートページなどに記載されているため、確認してください。準備が整ったら、電源を切った状態のスマートフォンとSIMカードを用意して設定を進めていきます。

 

AndroidでAPN設定を行うときの手順

ここからは、AndroidでAPN設定を行うときの手順について、3ステップに分けて解説します。

 

1.SIMカードを台紙から取り外す

SIMカードを台紙から慎重に取り外します。実際の作業を始める前に、SIMカードの取扱い説明書を必ず確認してください。また、金属の部分には直接触らないように気を付けましょう。

 

2.SIMカードを通信機器に装着する

台紙から取り外したSIMカードを通信機器に装着します。SIMカードの装着方法や装着場所は通信機器によって異なるため、取扱い説明書などで事前に確かめておきましょう。また、SIMカードの挿入時は必ず通信機器の電源を切っておいてください。一般的には、端末の側面からトレーを引き出してその上にSIMカードを乗せ、再び挿入します。

 

3.APN設定を行う

SIMカードを挿入したら、端末のWi-FiをオフにしたうえでAPN設定を行います。APN設定の手順は通信機器ごとに変わってきますが、ここでは一般的な流れを紹介します。

まず「設定」画面を開き、「無線とネットワーク」から「モバイルネットワーク」を選択しましょう。さらに「アクセスポイント名」をタップすると、登録済みのAPNが一覧で示されます。自分が使うAPNが見つかった場合は、それを選択すれば設定完了です。使用するAPNが一覧に見つからない場合は、新しいAPNを作成して必要な情報を入力します。

昔からあるMVNOや大手のMVNOなら、ほとんどの場合はAPNが端末にあらかじめ設定されています。しかし、マイナーなMVNOの場合は手動での設定が必要なケースが多いです。

APN設定方法|イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

 

iPhoneでAPN設定を行うときの手順

iPhoneでは、構成プロファイルをインストールすれば端末側がAPNの設定を行ってくれます。そのため、設定の難易度はAndroidよりも低いといえるでしょう。ただし、設定する際にWi-Fiに接続する必要があるため、Wi-Fi環境の確認を忘れずに行ってください。

 

ここからは、iPhoneでAPN設定を行うときの手順について、4つのステップに分けて紹介します。

 

1.SIMカードを台紙から取り外す

Androidの場合と同じように、まずはSIMカードを台紙から取り外しましょう。金属部分に触れないように注意しながら、慎重に取り外してください。

 

2.SIMカードを通信機器に装着する

取り外したSIMカードを通信機器に装着します。SIMピンを端末側面の小さい穴に差し込み、SIMカード用のトレーを引き出してください。トレーの上にSIMカードを乗せたら、再び挿入します。なお、SIMカードを装着するときは必ず端末の電源をオフにしておきましょう。

 

3.APN構成プロファイルをダウンロードする

APN構成プロファイルをダウンロードします。iPhoneの電源を入れてWi-Fiに接続し、MVNO事業者が提供しているプロファイルをダウンロードしましょう。SIMタイプやiOSのバージョンによって、ダウンロードするべきファイルが異なるので注意してください。「キャリア名 構成プロファイル」で検索すれば、ダウンロード用のリンクが見つかるはずです。

 

なお、ここではSIMカードの挿入を先の手順として紹介しましたが、構成プロファイルをインストールした後でSIMカードを挿入しても問題なく利用できます。

 

4.APN構成プロファイルをインストールする

構成プロファイルをダウンロードしたら、続いてインストールを行います。端末の「設定」からプロファイルのインストール画面を開き、右上の「インストール」をタップしましょう。インストールが終わったら「完了」をタップして設定完了です。Wi-Fiなしでインターネットに接続できるかどうかを確かめてみましょう。

 

まとめ

MVNOでスマートフォンを契約した場合は、APNを設定する必要があります。Androidを利用する場合は、APNの設定を始める前にMVNOの事業者名や回線種別、APNの設定情報などを確かめておいてください。iPhoneを利用する場合は、自分の機種やSIMタイプに合った構成プロファイルをインストールする必要があります。

 

イオンモバイルでは、月額税込528円からの格安プランを多数用意しています。契約期間のしばりや解約金もなく、充実したサポートを提供しているので、安心してご利用いただけます。MVNOで携帯料金を抑えたいと考えている人は、イオンモバイルを利用してみてはいかがでしょうか。

新規お申し込みはこちらから

※当ページの内容は2021年4月時点の情報です。

 

\キャンペーン実施中♪/
対象スマホとセットでお乗換えなら10,000WAONポイントもらえる!(~9/30まで)
当社指定のスマホとセットでお乗換えいただくと10,000WAONポイントプレゼント!

おすすめ記事

PAGE TOP