SIMフリースマホはどう選ぶ?コスパで選ぶときのおすすめ機種を紹介します

SIMフリースマートフォンの検討をしている人のなかには、どれを選べばよいかわからない人も多いのではないでしょうか。この記事ではコスパ重視でスマートフォンを選びたい人に向けてスマートフォンの選び方やおすすめ機種を解説します。スマートフォンを選ぶときの参考にしてください。

 

SIMフリースマートフォンとは?

SIMフリースマートフォンとは、SIMロックがかかっていない状態のスマートフォンのことです。SIMとは契約者情報を紐づける番号や電話番号などの情報が入っているICカードのことをいいます。

 

softbank、au、docomoが提供している端末にはSIMロックと呼ばれ、自社のSIMしか使えないような制限がかかっています。そのため、キャリアから購入した機種はそのキャリアで契約したSIMでないと使用できません。

※2021年10月以降に発売されるスマートフォンは原則SIMロックが解除されています。

 

このロックが掛かっていない状態、ロックを解除した場外の端末ことをSIMフリースマートフォンといいます。SIMフリースマートフォンであれば、基本的にどの通信事業者のSIMでも挿入して使用可能です。

 

SIMフリースマートフォンのメリット・デメリット

SIMフリースマートフォンにはどのようなメリットとデメリットがあるかについて解説します。

 

SIMフリースマートフォンのメリット

SIMフリースマートフォンは選択肢が多く、安く端末を購入できるというメリットがあります。

 

キャリアから購入する場合、どうしても選べる機種の幅が限られてしまい、高くなりがちです。しかし、SIMフリースマートフォンは安い機種から高スペックの高価格帯のものまで種類が豊富で、安いものは1万円代での購入も可能です。なかにはコストパフォーマンスが良い機種もあり、お得にスマートフォンを使えるでしょう。

 

SIMフリースマートフォンを使い格安SIM事業者と契約すれば、月々の支払いも安く抑えられます。

 

SIMフリースマートフォンのデメリット

SIMフリースマートフォンは大手キャリアから購入したスマートフォンをSIMロック解除するか、大手キャリア以外から購入しなければなりません。そのため、大手キャリアが提供している、故障時の対応サービスなどは受けられません。

 

特に大手キャリアでは、故障時の対応が充実していますが、SIMフリースマートフォンの場合はそれほど充実していないケースもあります。そのため、大手キャリアと契約予定の人はSIMフリースマートフォンではなく、キャリアからの端末を購入してもいいでしょう。

 

スマートフォンの選び方

スマートフォンはカメラの性能や動作速度、そのほかの機能で違いがあるため、目的に合わせて選びましょう。

 

カメラの性能

画質がいい写真を撮れるのかどうかは画素数を確認しましょう。画素数の数字が大きければ大きいほど、繊細でくっきりとした写真撮影ができます。

 

よりカメラにこだわりたい場合は画角やF値もチェックしてください。画角が広いカメラは広い範囲の風景を1枚の写真に納められます。F値はレンズの明るさの指標です。F値が小さいほど、光量が多いことを示します。F値が小さいことで、より味わい深く個性的な写真撮影が可能です。

 

スマートフォンの動作速度

スマートフォンの動作速度はRAMの値が関係します。RAMはスマートフォンの作業領域を決める部分です。RAMが大きければ、その分スマートフォンの動作もスムーズになります。ただ、RAMが大きいスマートフォンは価格も高い傾向があり、使用目的や使用頻度などによって、最適なRAMの値を選びましょう。

 

使用頻度が少なく、速度にこだわりがない場合は2GB、ある程度速度を求める場合は4GB、ゲームや高画質で動画を楽しみたい場合は6GBのものがおすすめです。

 

ちなみに、ROMは写真や動画、アプリなどのデータを保存するためのものです。

必要な機能があるかどうか

スマートフォンは機種ごとに搭載されている機能が異なるため、利用目的にあった機能があるかどうかの確認も必要です。体表的な機能は、防水、おサイフケータイ、大画面液晶などでしょう。

 

防水機能や大画面液晶を搭載している機種は増えてきていますが、海外製のスマートフォンなどはおサイフケータイに対応していないものも多くあります。おサイフケータイを活用する人はよく確認してみてください。

 

コスパ重視のスマートフォンの買い方

コストパフォーマンスを重視するならば、次のような買い方がおすすめです。

 

キャンペーンを活用する

SIMカードと同時に購入すれば端末代金が安くなる、といったキャンペーンを活用すれば、購入価格に比べてハイスペックなスマートフォンが手に入るかもしれません。どのようなキャンペーンがあるかは、それぞれの通信事業者によって異なります。こまめにチェックしてみましょう。

 

安く販売しているサイトやお店を探す

SIMフリースマートフォンを購入できるのは通信事業者だけではありません。電化商品を扱うお店やインターネットでの販売サイトでも購入可能です。なかにはセール期間などで安くて性能がよいスマホを購入できる場合もあります。それぞれのお店の価格を比較し、安く購入できるお店を探してみるとよいでしょう。

 

コスパがいい国産スマートフォン

コストパフォーマンスがいい国産のスマートフォンを紹介します。

 

価格は2021年現在、「イオンデジタルワールド(WEB申込み)」での販売価格です。

 

AQUOS sense4

AQUOS sense4は4,570mAhの大容量バッテリーがあり、使用方法にもよりますが1週間充電せずに使用できるといわれています。インテリジェントチャージで充電をコントロールするため、充電池の劣化も最小限に抑えられます。

 

省エネ性能が高いIGZOディスプレイも特徴の1つです。省電力でありながら、適切な明るさを維持できます。画面も大きく自然で美しい色合いが楽しめます。

 

カメラは本格3眼カメラを搭載して、背景ぼかしを使い、プロにも負けない写真撮影が行えるでしょう。

 

本体価格(税込) 3万8,280円
RAM/ROM 4GB/64GB
カメラ性能 約1,200万画素
3眼カメラ
特徴 約1,200万画素
4,570mAhの大容量バッテリー

 

詳しくはこちらのページを参考にしてください

 

AQUOS sense3 SH-M12

AQUOS sense3 SH-M12はAIモードに対応したツインカメラと、充電が長持ちするという特徴があるスマートフォンです。AI対応ツインカメラはシーンにあわせてモードを切り替えられます。写真やカメラの知識がない人でも、特別な設定をすることなくきれいな写真を撮影できるでしょう。

 

防水やおサイフケータイの機能も搭載しており、幅広い層に安心して使えるスマートフォンです。

 

本体価格(税込) 2万9,480円
RAM/ROM 4GB/64GB
カメラ性能 約1,200万画素
4,000mAhの大容量バッテリー
特徴 動画を撮影するだけで、約15秒のBGM付きショートムービーを自動作成
防水、おサイフケータイ対応

 

詳しくはこちらのページを参考にしてください

 

コスパがいい海外製スマートフォン

海外製のスマートフォンは端末が安く購入できるものも多く、コストパフォーマンスが期待できます。そのなかからおすすめのものを紹介します。

 

価格は2021年現在、「イオンデジタルワールド(WEB申込み)」での販売価格です。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

Xiaomi Redmi Note 10 Proは1億800万画素の超高画質のカメラを搭載しており、驚くような仕上がりの写真や動画が簡単に撮影できます。また、118度の超広角、2倍望遠接写、新しく改良されたナイトモードも掲載され、写真や動画にこだわりたい人におすすめのスマートフォンです。

急速充電により、わずか数分で数時間使用可能なため、アクティブに使用できます。

 

本体価格(税込) 3万3,880円
RAM/ROM 6GB/128GB
カメラ性能

【メイン】10,800万画素
【超広角】800万画素
【マクロ】500万画素

特徴 10,800万画素、超広角、2倍望遠接写、ナイトモード
急速充電対応5,020mAhの大容量バッテリー
デュアルスピーカー

 

詳しくはこちらのページを参考にしてください 

motorola moto g30

motorrola moto g30は6.5インチ90Hzディスプレイでゲームや動画をよりダイナミックに楽しむことができます。また急速充電に対応し、5,000mAhの大容量バッテリーにより最大48時間駆動可能なため、充電も煩わせません。128GB内臓ストレージに加え、別売りのmicroSDカードを使用することで512GBまで拡張可能です。

 

本体価格(税込) 2万5,080円
RAM/ROM 4GB/128GB
カメラ性能

6,400万画素

特徴 急速充電対応5,000mAhの大容量バッテリー
Googleアシスタント対応

 

詳しくはこちらのページを参考にしてください 

 

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 Aは6,400万画素のメインカメラを含む、超精細な4種類のカメラを搭載し、日常の様々なシーンで大活躍します。また、アウトカメラとインカメラで同時に動画撮影も可能で、撮影者も一緒に楽しめます。大画面+5Gで動画やゲームを楽しみたい人にもおすすめです。

急速充電対応に加え、おサイフケータイや防水・防塵、指紋認証も兼ね備えているため、便利に安心して使用できます。

 

本体価格(税込) 4万3,780円
RAM/ROM 6GB/128GB
カメラ性能

6,400万画素
超高解像度カメラ(約1,0800万画素)
超広角カメラ、マクロカメラ、ネオンポートレート

特徴 急速充電対応4,000mAhの大容量バッテリー
アウト/イン同時撮影
おサイフケータイ・防水防塵、指紋認証、5G

 

詳しくはこちらのページを参考にしてください

 

コスパがいいiPhone

スマホの中でも、高い人気を誇るのがiPhoneです。ここではコスパがよいiPhoneのおすすめを紹介します。

 

iPhone XS

独自に設定した品質基準に基づき、外観及び動作確認を行っているiPhoneです。iPhoneは格安SIMでは契約できないと思っている人も多いのではないでしょうか。イオンモバイルでは未使用のiPhone XSも販売しています。

 

バッテリーの最大容量が100%であることを確認されていますし、キャリアやAppleから購入するものと遜色ない製品が手に入ります。ただ、メーカー保証はなく、AppleCareにも加入できません。

本体価格(税込) 6万3,580円
RAM/ROM 256GB
カメラ性能 約1,200万画素
特徴 SIMフリーのiPhone
イオンモバイルでは独自に設定した品質基準に基づき、外観および動作を確認して出荷している

 

詳しくはこちらのページを参考にしてください

 

まとめ

SIMフリースマートフォンは選択肢が多く、安価でコストパフォーマンスがよいモデルもあります。SIMフリースマートフォンを格安SIMで使用すれば、ランニングコストも抑えられ、お得に利用できるでしょう。

 

イオンモバイルは、SIMフリースマートフォンを安く購入できます。解約金もかからず、ユーザーに合わせた豊富な料金プランを提供しており、自分の使用用途に最適化されたプランでの利用が可能です。全国200店舗以上で販売・サポートしているため、安心感もあります。

 

新規お申し込みはこちらから

 

※当ページの内容は2021年10月時点の情報です。

 

 

\キャンペーン実施中♪/
今お乗換えなら3,000WAONポイントもらえる!(~1/11まで)
今お乗換えなら3,000WAONポイントプレゼント!

おすすめ記事

PAGE TOP