イオンモバイルで通話料を安くするのにおすすめの使い方は?

<p>通話をするスーツの男性</p>

音声通話を利用する際には、通話料金は気になるところではないでしょうか。
LINEなどアプリを使った通話と違い、電話回線による音声通話は30秒につき税込11円の通話料が発生します。
音声通話を頻繁に使うなら、定額かけ放題にした方がお得な場合もあります。
ご自身の通話状況に合わせて、最適なプランを選びましょう。

▼えらべる通話定額かけ放題
https://aeonmobile.jp/plan/aeondenwa-freecall/

毎月の通話料ご存知ですか?

イオンモバイルでは、データ通信料とは別に電話回線による音声通話は30秒につき税込11円の通話料が発生します。
せっかく安い通信プランに変更したのに、通話料が高くついてしまったということにならないために、毎月どのくらい音声通話するのかを知った上でプランの検討をするようにしましょう。

あなたに合った通話プランを選びましょう

MVNOは、通話料が高額になってしまいがち。通話料のかからないLINE電話をメインで利用しても、LINE電話が利用できない場合もあります。例えば、以下のようなシチュエーションでは通話料がかかります。

・宅配便の再配達を急ぎで依頼したい時
・市役所や学校、幼稚園、保育園など電話でしか連絡できない公共施設へ連絡する時
・病院に診察の予約などをするとき
・職場などに緊急の連絡をする時

電話番号を利用した通話は緊急性の高い時が多そうです。
学校や病院、役所といったよくかける通話先によって、かけ放題が必要か判断いただくとよいでしょう。
マイページで掛けた番号と通話時間の履歴が確認できますので、ご参考にしてください。

5章_144_イオン電話のかけ放題-2.jpg

※国内通話のみ。国際電話は定額かけ放題の対象外です。
※イオンでんわを利用して発信する必要があります。
※一部イオンでんわが利用できない番号があります。
※法人のお客さまはご利用いただけません。

A)フルかけ放題

毎月10分以上の通話を8回以上する方には、月額税込1,650円の「イオンでんわフルかけ放題」がおすすめです。60歳以上の方は月額税込1,210円でご利用いただけます。
LINE電話などアプリよりも電話回線の通話が中心なら、料金を気にせず会話を楽しめるフルかけ放題プランがおすすめです。

※通話開始から120分経過すると強制的に通話が終了するのでご注意ください。電話をかけ直すと、あらためて通話料無料でご利用いただけます。

B)10分かけ放題 

毎月10分程度の通話を8回以上する方には、月額税込935円の「イオンでんわ10分かけ放題」がおすすめです。
学校や病院、役所は音声通話が主流。小さなお子さんや高齢の家族がいる方は、音声通話を利用する機会も多いのではないでしょうか。
はじめの10分は何度でも通話料無料なので、利用する時間や頻度が当てはまる方にはぴったりなプランです。

C)5分かけ放題

毎月5分程度の通話を5回以上する方には月額税込550円の「イオンでんわ5分かけ放題」がおすすめです。
基本的な通話はLINE電話などアプリを使用していても、仕事先などの短い通話を週に1〜2回しているなら、5分かけ放題があると安心です。

D)かけ放題なし

LINE電話など、アプリを使った通話が中心なら、かけ放題は必要ないかもしれません。
かけ放題にしない場合、30秒につき税込11円の通話料金でご利用いただけます。
かけ放題に変更したい場合は、マイページからお申し込みいただけます。

まとめ

せっかく格安スマホにしたので、通話料金もお安くしたいと思われる方も多いのではないでしょうか。「かけ放題プラン」をうまく活用することで通話料金を抑えることができます。ご自身の暮らしに合った使い方で家計節約に繋げていきましょう。
次の記事では、複数のスマホを契約する場合におすすめの「イオンモバイルのシェアプラン活用方法」をご紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

←前の記事 次の記事→

おすすめ記事

PAGE TOP